クロマキー合成動画をつくってみたい。

アメリカのハリウッド映画では当たり前のようにクロマキー合成が使われている時代になりました。

日本だとニュース番組でよく使われています。
映像制作会社に依頼すれば、安価にクロマキー合成の映像を制作できるようです。
WEB動画や、AR広告、イベント映像なんかにも、幅広く使われていますね。

プレゼンテーションやサービス説明動画でも資料を背景にすることによって説得力を高めることができます。
ですから社内教育の為の、Eラーニング用の動画を作成することもできます。

クロマキー合成ならば広い講義室を確保する必要がなくなって便利です。

小部屋の壁に背景布を設置して、あとはクロマキー合成をするだけで動画内では人物が広いヴァーチャルスタジオで講義しているという風景にできますし、資料映像を背景に流すことができます。

プロジェクターで映像をスクリーンに投写して、その講義を動画に撮っても反射でよく見えないことがあります。クロマキー合成動画だと、そのようなことはありません。

今ではビデオ会議でリアルタイム・クロマキー合成をすることができます。良い時代になったものです。

私もクロマキー合成でプレゼン動画や講義動画を撮ってみたいです。