社員研修でも教育用の映像制作をしてビデオ動画として活用するのが効果的です

小学校の理科や社会の教育用にビデオが活用されるようになって長い年月が経ちましたが、現在でも教育用ビデオは活用し続けられています。これは目で動画を見る事が、強く記憶に残り教育として有効性が高い点と、自然や社会や世界の様々な様子が居ながらにして疑似体験できる有効性が認められているからです。
しかし企業研修では動画が活用される事は今までは少なく、どちらかと言うとテキストを使っての座学中心で行われて行きました。しかし新人に対するマニュアル研修や、中堅社員や幹部社員等の研修として近年増えているディスカッションを中心としたケーススタディーでも映像制作で教育用ビデオとして活用する事で、研修効果が飛躍的に向上する事が知られるようになりました。
例えば新人研修での接客研修等でも、動画でマニュアルを示せば、図や説明文のテキストより遥かに分かりやすく、専門の講師さえ必要なくなる可能性さえあるのです。
また大企業で中堅社員や幹部社員と言った階層別に全国の事業場から集合してケーススタディーを実践する研修の場合も、現実にいくつかの事業場の実際を映像化したものを見て、与えられた課題に対してディスカッションすれば、架空の話ではないだけに、より真剣な議論が行われる効果が得られます。その上、普段訪れる事の無い社内の他事業部の様子を知る効果も得られます。
人材育成のためにお金を投じて教育するなら、映像制作を上手に活用してより研修効果を高める工夫をされるのがお勧めです。