社内基幹システムの教育マニュアルを映像で制作しよう!パワーポイント資料で対応し切れない部分も解消!

企業において、社員は社内における基幹システムの操作ができることは業務上重要なスキルです。そのため、社員教育においてはシステムマニュアルを社員が講師となりレクチャーします。しかし、パワーポイントや画像付き文書で教育を行っていませんか?この場合、基本的な操作についてマニュアル化はできるものの、実際の操作におけるシステムの反応動作を教育することができません。あくまで教育資料に添付されている画像は結果でしかなく、その状態までどのように操作すれば良いかを説明する必要があります。
しかし、基幹システムの教育マニュアルを映像で制作すれば、操作における過程もしっかりとマニュアル化することができます。また、入力間違いやミスによりエラーも映像制作することで、細かく文書化したマニュアルを必要としません。さらに映像制作したマニュアルは、基幹システムや文書管理システム内において社内で共有化することで操作方法が慣れるまで社員個人が随時チェックできるなど、会社全体におけるシステム操作のスキルアップにも繋がります。そのほか、基幹システムの操作方法について、主管部門に逐次問い合わせがされるといったことも避けられ、操作方法の問い合わせによる業務停滞も避けられます。