発展し、普及する映像制作

映像は、かつては一部のプロフェッショナル達が制作するものでした。しかし今日では、一般の人々が気軽に映像を制作することができます。わが子の成長をビデオで撮影し、それをまとめて一つのストーリーにしたり、スマホで撮った映像を家族や友人とシェアしてみたり、ネットで流してみたりといったことも、立派な映像制作です。このように誰もが簡単に楽しめるのは、それを可能にしたツールの発達のおかげです。
映像制作が身近になったためか、You Tubeなどを生活の糧とする人も現れました。驚いたことに、最近の小学生の将来の夢の一つに、You Tuberが入っているそうです。また最近では、高校生の文化祭で上映される自主映画も、パソコンを駆使して制作されており、かなりクオリティの高いものが多くなっています。映像制作が身近になることで、将来映像に携わった仕事をしたいと思う子供たちは確実に増えているようです。
映像は、文や写真と違って、メッセージを受け手にダイレクトに伝えることができます。その長所ゆえに、映像は発展を続けて来ているのでしょう。3D映像も珍しくなくなってきた今日この頃、これからの映像制作はどのように発展していくのか、ますます楽しみです。