新人看護師の入職時の技術教育には、映像制作が効果的

 例年多くの新人看護師を迎えることが多い医療現場においては、その教育が大変重要となります。
 同じ新人看護師であっても、教育背景が異なると、同じ技術であっても、異なった方法で修得していることもあります。また、基本的な技術は修得できていても、病院ごとに、異なる医療機器を用いていたり、異なるマニュアルを持っていたりするため、実際の医療現場で戸惑うことになります。
 そういった新人看護師に対して、技術を教育する上で、映像制作をすることが大変意義があるといえます。実際に、その病院で使用している医療機器を用いて、先輩看護師が実際にその技術を実施している場面を動画撮影をします。その動画を、実際の新人看護師の教育の場で、再生し、個々の技術の修得に役立てることができるわけです。もちろん、その場で、先輩看護師が実際にやってみせる、という方法も、効果があるとはいえますが、細かな技術の実施場面を、大勢の新人看護師が取り囲むようにして見学しても、実際細かなところがよくわからなかった、ということになりかねません。その点、動画でしたら、そういったこともなく、必要に応じて、その場面をスローでみたり、アップにしてみたり、といったことが可能ですし、繰り返し確認をすることもできます。
 こういったことから、看護師の為の教育映像の制作は効果的といえます。