社員教育用ビデオを効率よく活用するための制作ポイント

昨今社員教育に映像を活用することが一般的になりつつあるため、自社でも導入してみようと考えることがあるかと思います。映像を社員教育に効率よく活かすためには、ポイントを押さえた映像制作が重要となります。
まずその映像で何を伝えたいのかを明確にすることが大切です。基本理念などを映像内容で伝えたいのであればそれを制作側がしっかりと理解しておかなければ、軸がぶれた映像が仕上がってしまいます。すると映像を視聴する社員側にもその思惑が伝わりづらくなり、教育用ビデオの意味をなさなくなってしまうのです。自社で映像制作をするときはもちろん、専門業者に依頼する際にもしっかりと打ち合わせをして方向性の確認をしておくと良いでしょう。
そしてもう一つ、ある程度の映像技術は必須です。伝えたいことをただ単調に動画にしただけではすぐに飽きがきてしまい、視聴側も内容が頭に入ってこなくなってしまうでしょう。内容を印象づけるためにはインパクトのある演出やチープにならない技術などが必須ツールとなるのです。
より印象に残る社員教育用ビデオの制作をし、動画を活用していきたいものですね。